農業や家庭菜園などで様々な取り組みをしていく

ガラスを安全に使う

メガネレンチ

ガラスを取り入れた現代的な建築が増えてきています。昔はガラスを多く使うことはありませんでしたが、今ではガラス交換についても充実したシステムがあります。しかし、ガラスが割れた場合自分でやっておくこともあります。

Read more »

故障したら相談

いろいろな部品

給湯器はガスや電気を使ってお湯を沸かすもので、水を使っているので、使用方法には特に注意を払わなければなりません。この機器を専門に取り扱っている業者は多く存在しています。

Read more »

級なトラブルにも対応しています。トイレつまりを神戸で直したいならこちらにお任せください。丁寧な対応で評判ですよ。

農園を開く

パソコンとコールセンターの女

農業や家庭菜園に興味があるものの、集合住宅に住んでいるため、農地の確保が難しい、と言う場合に利用したい制度として、市民農園の存在を挙げることが出来ます。 市民農園とは、自治体が主体となって運営してる農地を細かく区切り、居住している市民が借りることが出来る農地になります。 市民農園では、様々な用途に応じた農地が用意されているケースが多く、利用者はニーズに応じた農園を選ぶことになります。 市民農園を利用する際には、定められた管理料を支払うことになります。 自治体や農地の広さなどにより料金に違いがありますが、年間あるいは契約期限内で1万円前後で管理料の料金が設定されているケースが、多く見受けることが出来ます。

市民農園では、様々な農作物を作ることにより、農業への理解や周辺の利用者とのコミュニケーションを取ることが可能となります。 また、自治体によっては農園の管理は利用者が管理委員会などを組織して行うと言うケースもあります。 このような委員会では、農園に関する様々な事柄やルールなどを決定するなどします。 特に農園の近隣住民とは、トラブルを事前に回避するためにも、緊密なコミュニケーションを取ると同時に、農園利用者側でも様々なルールを設け、それらを厳守する必要があり、管理委員会などがこれらを順守するよう呼びかけるなどします。 市民農園を利用する際には、自治体の担当窓口を通じて申し込みを行いますが、その際、管理料なども確認できます。

掃除して清潔にする

窓際の女性

油汚れが溜まってしまうところにも関わらず、キッチンには掃除がしにくい場所がたくさんあります。特に換気扇には油汚れと埃が溜まりやすいので、あらかじめ頼れる業者を知っておくと良いでしょう。

Read more »

新しい気持ちになる

格子の窓

古くなった家具を新しくすることで、部屋の雰囲気も一変させることができます。特にソファーは肌に触れる機会が多い家具なので、張替えを行なって新しい状態にすると快適に過ごせます。

Read more »

治すことは困難

窓の広い部屋とテーブル

家は自分の責任で管理するものなので、業者や人の力を借りたくないという人も居ます。しかし、トイレつまりなど水廻りのトラブルはどうしても自分の力では直せないことが多くなってきます。

Read more »